介護・保育の資格保有者を生涯支える届出制度のご案内

 社会福祉法の改正により、平成29年4月から介護福祉士資格をお持ちの方は、都道府県福祉人材センターに届出を行うことが努力義務となりました。
 また、これに伴い、介護福祉士以外の介護人材も、離職時に福祉人材センターに登録しておくことで、再就職に役立つ情報提供や再就職時の貸付等の各種支援事業が利用できますので、ぜひ届出をお願いします。
(平成30年度から離職中でない方も届出の対象となりました。)

 

届出できる方

  • 介護福祉士、保育士の資格をお持ちの方
  • 介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、
  • 旧介護職員基礎研修、入門的研修、生活援助従事者研修を修了された方
  • (複数の資格、研修実績を登録することが可能です。)

 

届出の方法

  • ご本人が、インターネットや福祉人材センター窓口にて所定の届出票により行っていただきます。
    (インターネットへの接続環境のある方は、できるだけインターネットでの登録をお願いします。ただし、介護入門的研修または生活援助従事者研修のみで届出される場合は、システムが未対応のため窓口登録でお願いします。)

 

インターネット登録

https://www.fukushiwork.jp/todokede/

 

窓口登録
  • インターネット登録ができない方・介護入門的研修または生活援助従事者研修で届出の方  

届出票を窓口で記入、もしくは郵送

 

※確認のための添付資料の提出や印鑑は特に必要ありませんが、介護福祉士または保育士資格をお持ちの方は、登録番号と登録年月日の記入が必要となります。

 

 

登録をすると…

 届出者専用のページやメール、郵送により、再就職準備金等の貸付事業や就職フェア等の就職に役立つ情報提供を行います。
 再就職に不安がある場合には、福祉人材センターにご相談いただければ、キャリア専門員が丁寧に対応させていただきます。
 ※求職される場合は、届出とは別に求職登録を行ってください。求職登録は、福井県福祉人材センター(嶺南の方は嶺南福祉人材バンク無料職業相談所)の窓口(郵送可)のほか、届出マイページのメニューからすることも可能です。

求職票の様式はコチラ

 

・この届出を行うことは、「離職介護人材再就職準備金貸付制度」の要件にもなっています。

令和2年度貸付制度の詳細はコチラ

 

※介護入門的研修、生活援助従事者研修修了のみの届出の場合は、貸付制度の対象になりませんのでご注意ください。

保育士の方向けの貸付制度はコチラ

 

   

届出制度画像