2021.03.12 イベント

「3.11希望の灯り・点灯式2021」のYouTube配信について

平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」から、今年の3月11日で丸10年を迎えました。

 

震災当時、福井県内の社協が岩手県陸前高田市で活動したご縁から、同市に平成23年12月に設置されたガス灯『3.11希望の灯り』から平成24年2月に分灯していただき、同年3月9日、県内社協に設置された越前焼の燭台に点灯して犠牲者の鎮魂と復興への祈りを捧げました。それ以降、毎年3月には、県社協と市町社協でこの燭台への点灯と黙とうを行っています。

 

震災から10年となる今回の点灯式では、陸前高田市と県内社協18か所をオンラインでつなぎ、現地の『3.11希望の灯り』から越前焼の燭台への採火を行い、その後県内社協の燭台し、その模様をライブでも配信しました。

 

点灯式では、燭台を制作していただいた勝山市の芸術家 中村鐵遷(てつせん)さんから「燭台制作に込めた想い」もお話しいただきました。

 

そして、発災時刻である14時46分には、陸前高田の皆さんとともに黙とうを行い、震災の風化を防ぎ、被災地の復興に向けた希望や願いを分かち合っていくことを確認しました。

 

なお、点灯式の録画映像は本会のYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

 

○配信アドレス 本会YouTubeチャンネル https://youtu.be/TsTNsgtEdN8

○希望の灯り管理団体「箱根振興会」(岩手県陸前高田市)藤原直美会長様からのメッセージ
 ⇒ こちら        

 

  • ファイル_003.jpeg

     

  • ファイル_000 (12).jpeg

     

  • ファイル_002.jpeg

     

  • ファイル_000 (11).jpeg