2022.10.06 研修情報

令和4年度 保育セミナー

 少子化、人口減少に歯止めがかからず、児童虐待等の件数が増加するなど、こどもを取り巻く状況が深刻になっていることから、子ども政策の司令塔となる「こども家庭庁」の設置法が先の通常国会で成立し、同庁は令和5年4月に発足します。併せて、子どもの権利の保障を明記した「こども基本法」も成立しました。

 このことにより、保育園とこども園は、すべてがこども家庭庁に移管するなど、今、こども・子育てに関する仕組みが変わろうとしています。

 本セミナーは、保育関係者がこども政策の新たな推進体制に関する基本方針のポイント等ついて学び、新しい時代の幼児教育・保育について考え、保育の質を高めることを目的に開催します。

 

◆日時:令和4年12月7日(水)13:30~15:30(13:00頃入室開始)

◆実施方法:ZOOM(Web会議ツール)を使用してのオンライン研修

◆対象者:県内教育・保育事業関係者、各市町教育・保育行政関係者等 約100名

◆会場:受講者が所属する事業所内

◆受講費:福井県社協保育部会会員事業所・市町保育行政関係者 1人1,000円

     上記以外の教育・保育関係者 1人2,000円

◆受講申し込みはこちらから→R4保育セミナー申込書

◆開催要綱はこちら→R4保育セミナー開催要綱.pdf

◆日程

時 間

内  容

13:00~13:30

入室・動作確認

13:30~13:40

開会

13:40~14:20

■講義

「こども政策の新たな推進に関するポイント(仮)」

講師:大阪総合保育大学 学長 大方 美香 氏

14:20~14:50

■グループワーク

(職種別に分かれてグループワークを行います。)

14:50~15:30

■まとめ

15:30

閉会